マッカラン、アードベッグ、ボウモア、カリラをはじめとするシングルモルト・ウイスキーやリキュール、ブランデーなどが充実したお酒の販売サイト

ごひいき堂│シングルモルト・ウィスキー、スコッチ、ラム、カルヴァドス、グラッパ、コニャック、洋酒、販売、マッカラン、リンクウッド、アードベッグ、カリラ、ボウモア、ラフロイグ

お酒の種類一覧 > コニャック(ブランデー) > ポールジロー ビオディナミ リュルティム 42% 500ml (コニャック)

ポールジロー ビオディナミ リュルティム 42% 500ml (コニャック)

商品のご案内
ポールジロー氏が手掛けた「ビオディナミ農法」によるコニャックが限定発売されました。
最近、ワイン造りにおいても大変注目されている「ビオディナミ農法」にジロー氏がチャレンジした記念すべきコニャック。
しかもこれがラストリリースとなればファンならずとも見逃せないところです!

<裏ラベルの文章の和訳>
6ヘクタールの区画で数年間挑戦したビオディナミ農法はとても良い経験となり、非常にたくさんのことを学びました。
このコニャックは1998年の収穫でつくられたもので、同じビンテージのコニャックは過去に何度か日本の愛好家の皆さまにお届けしたことがあります。
今回お届けするのは、ビオディナミ農法でつくった最後の3樽をブレンドしたものです。
熟成年数が長くなった結果、香りがより強くなりました。
興奮させられること間違いなしの味わいです。
ポールジロー

<インポーターからのコメント>
ポールジロー氏は1998年に一度だけ、「ビオディナミ農法」によるコニャックを作りました。
ジロー氏にとってビオディナミは長年興味を引かれていた農法であり、一時期のみ畑の一区画でこのビオディナミを試したのです。
数年間の試行錯誤の後、品質が最高レベルに達したのが1998年のことで、このビンテージのコニャックは2008年と2013年にも販売されました。
今回発売された製品は現地に残るビオディナミで作られた最後の3樽をボトリングしたもので、これまでで最も長い熟成期間を経たコニャック。商品名の「リュルティム」とはフランス語で「究極」「最後の」という意味を持っており、ポールジローのビオディナミのリリースはこの商品が最後になります。

【ビオディナミ農法とは】
1924年にルドルフ・シュタイナーが提唱した農法。
化学肥料や除草剤を一切使用しない有機農法であるだけでなく、農作物の生育には天体が深く関連し、そのエネルギーがテロワールに宿るという考えの下、星の運行や月の満ち欠けによって定められた農作業を行い、その際には肥料としてビオディナミ独自の調合剤(プレパラシオン)を用いる。
バイオダイナミクス農法。

ポールジロー ビオディナミ リュルティム 42% 500ml (コニャック)

商品番号 J371711-4193

ごひいき堂価格8,618円(本体価格:7,980円)

※現在の在庫数:6

数量
商品の交換・返品について

レビューを書く

おすすめ商品

ポールジロー  15年 40% 700ml

ポールジロー 15年 40% 700ml (コニャック)

ごひいき堂価格 9,985円(本体価格:9,246円)


数量
詳しく見る