マッカラン、アードベッグ、ボウモア、カリラをはじめとするシングルモルト・ウイスキーやリキュール、ブランデーなどが充実したお酒の販売サイト
洋酒販売のごひいき堂【シングルモルト・ウイスキー、ラム、カルヴァドス…。】

ごひいき堂 商品一覧

価格帯別

3,000円以下〜5,000円〜10,000円〜15,000円〜20,000円〜25,000円25,000円以上

※税抜価格での区分になります。

お酒の種類別

    ウイスキー


    ウイスキーは、大麦、ライ麦、トウモロコシなどの穀物を原料とした蒸留酒の一つで、樽で熟成されたものを総称します。穀物原料・蒸留酒・樽熟成の三つの要件が揃って、はじめてウイスキーと呼ぶことができます。中でも、北海道とほぼ同サイズで、120近い蒸留所がひしめき合うスコットランドで造られるスコッチ・ウイスキーは、ウイスキーの代名詞といえます。
  • シングルモルト
    大麦麦芽のみを使用し、単式蒸留器(ポットスチル)で蒸留。
  • アイリッシュ
    アイルランド共和国と、英連邦北で作られ、麦芽にピート香をつけず、3回蒸留。

    ブランデー


    ブランデーは、果実からつくった蒸留酒の総称。本来ブドウを醗酵、蒸留した酒につけられた名称でしたが、現在では果実を主原料にする蒸留酒全てについてブランデーの名称が使われています。ブドウ以外の果実が原料のブランデーでは、りんごを原料としたカルヴァドスが人気。ブドウ、りんご以外のブランデー用果実としては、さくらんぼ、プラム、洋梨、ベリー等が挙げられます。
  • カルヴァドス
    フランス西北部ノルマンディー地方の特産酒。りんごを原料としたブランデー。
  • コニャック
    フランス西南部、シャラント川沿いの地域が産地。原料はサンテミリオンと呼ばれるぶどう。
  • アルマニャック
    南フランスピレネー山脈の近隣が産地。コニャックよりややフレッシュな味わい。
  • グラッパ
    葡萄の果皮と、そこに含まれる芳醇な実と果汁を原料に作られる蒸留酒。
  • フルーツ・ブランデー
    葡萄以外の果物で作られたブランデー。

    スピリッツ


    スピリッツとは、醸造酒を蒸留して造られた蒸留酒の総称のこと。一般的にはジン、ラム、ウォッカ、テキーラ/メスカルを指すことが多いです。
  • ラム酒
    さとうきびを原料とした蒸留酒。ホワイトラム、ゴールドラム、ダークラムと大別されている。
  • テキーラ/メスカル
    原料は竜舌蘭と呼ばれる根生植物。メスカルのなかで限られた地方で作られたものをテキーラと呼ぶ。
  • ジン
    無色透明でさわやかな味わい。原料はとうもろこし、大麦、ライ麦など。
  • ウォッカ
    ロシアで12世紀頃から作られているといわれている。原料にとうもろこし、大麦、小麦など。

    その他のお酒

  • リキュール
    果物、ハーブなどを蒸留酒に加えて調製したお酒。
  • ワイン(シェリー)
    スペイン・アンダルシア地方のヘレス地区とその周辺で作られる、ワインにブランデーなどを加えて熟成させたワイン。
  • シャンパーニュ
    シャンパーニュ地方で収穫された規定のブドウのみを使って、醸造生産された瓶内自然発砲ワイン。

    お酒以外

  • ミネラルウォーター
    日本に輸入されている唯一のスコットランドのお水です。
  • シロップ
    カクテルレシピとして、一味加えたい時にどうぞ。


蒸留所別(シングルモルト)


ハイランド・モルト

生産地の特徴
スコットランド北部。スパイシーなものからフルーティーなものまで様々。ピート香は穏やかで、バランスのとれたモルト。
主な蒸留所
アバフェルディクライヌリッシュグレンアルビン
グレンカダムグレングラッサグレンタレット
ダルモアタリバーディンティーニニック
ノックデュープルトニーブレアアソール
ブローラマクダフロッホサイドの蒸留所がある。

キャンベルタウン・モルト

生産地の特徴
キンタイア半島産。口あたりはマイルド。ピート香もあり、ライトヘビーなモルト。
主な蒸留所
グレンスコシアスプリングバンクの蒸留所がある。

ローランド・モルト

生産地の特徴
南部地域。口あたりが非常にやわらかく繊細な味わい。ピート香も控えめで非常にライトな印象。
主な蒸留所
インヴァーリーブンオーヘントッシャンセント・マグデランリトルミルローズバンクの蒸留所がある。

アイラ・モルト

生産地の特徴
西岸の海に囲まれたエリア特有の、潮の香り、海の香りを閉じ込めた、独特の味わい。全体的にスモーキーで濃厚なものが多い。
主な蒸留所
アードベッグカリラブナハーブンブルイックラディボウモアポートエレンラフロイグの蒸留所がある。

アイランズ・モルト

生産地の特徴
スカイ島、ジュラ島、オークニー諸島などアイラ島以外の島産のモルトの総称。それぞれの蒸留所がはっきりとした個性をもっている。
主な蒸留所
ジュラアランスキャパタクティカル(タリスカー)ハイランドパークレダイグロックランザの蒸留所がある。

△ページトップへ
*未成年者へのお酒の販売はいたしません。

ごあいさつ個人情報について特定商取引に基づく表示個人情報保護方針
(C)favor corporation All Rights Reserved.